2009年12月07日

ゲーム「ドラゴンクエスト9」



今更ですが、ドラクエ9です。
結局、2009年後半は、ほとんどこのゲームに捧げてしまいました。

ドラクエも毎回趣向が違うので何とも言えないのですが、
ドラクエ5、ドラクエ3を超えているかも…!?
と感じるくらい、面白いと感じています。

正直、初プレイで500時間を超えたゲームは、他に記憶がありませんし。

このゲームの面白さはなんと言っても、度を過ぎたやり込み応えの魅力です。
練金に、クエストに、宝の地図に、アイテム集め…。
全てが膨大で、いつになっても終わりません。
他のゲームだったら、とっくの昔に面倒くさくなって
放り投げているような量なのですが、止めることが出来ません。
未だに仕掛けが分らないのですが、ドラクエだけは、
面倒な繰り返し作業を、もう少し続けてみたい、と思ってしまうのです。
これこそが、長い年月をかけて作り上げられた、老舗の技なのでしょう。
(単にドラクエに洗脳されてしまっているだけなのかもしれませんが)

おそらく、アイテム集めやレベル上げが好きな人には
たまらない作品となるでしょう。
逆に、RPGの面白さは、ストーリーや登場人物の魅力だ!
と考えている方には、少々物足りないかもしれません。

ただ注意したいのは、エンディングを見たくらいでは、
全然ストーリーが消化されていないことです。
ゲームが発売されてから半年近くが経った今でも、
まだ未知のエピソードがたくさん残っているのです。
それなので今後、ストーリーへの不満は覆される可能性があります。

ちなみにこれは、ネット接続することで、徐々に配信されています。
一週間ごとにエピソードが追加され、
物語の側面や登場人物たちのその後が明らかにになっていくのです。
ゲームをエンディングまですすめ、すでに遊ぶのを止めてしまった
人もたくさんいるかと思いますが、非常に勿体ないです。

最後に、これから遊んでみたいと思っている方へ。
出来る限り無線LANのある環境で遊んでください。
DSをネットにつなぐことが出来ないと、面白さが半減します。
無線LANは無いけれど、PCでネット環境がある場合は、
DSに中継する方法もあります。

それも無理な場合は、マクドナルドなどで無線LANのサービスをしているので、
そちらを利用してでも、時々はネットにつないで遊んでください。
(Wi-Fiショッピングを受信すると、追加クエストが増えます)

ストーリーだけは最後まで確認したい!と言う方は、
ゲームスタートの時期を2010年の4月くらいにしても良いと思います。
追加クエストの配信は1年間続くので、
2010年の7月にならないと、全てのストーリーを楽しむことが出来ないいからです。


posted by cutter33 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

ゲーム「ダウンタウンスペシャル くにおくんの時代劇だよ全員集合!」(FC)

くにおくんの時代劇だよ

ついにwiiのバーチャルコンソールで、配信されました!
くにおくんシリーズの名作、時代劇です!!

お馴染みのメンバーが、任侠もの(?)の時代劇に挑戦です。
…要は、いつも通りの殴り合いなのですが。

必殺技や能力値アップのシステムも凝っていて、熱血物語のパワーアップ版といえる仕上がりです。

登場人物は、熱血行進曲やドッジボール部のメンバーが多数登場。
シリーズを深く知っていれば、より楽しめる内容となっているのは、ファンにも嬉しい作り込みです。
(りゅういち&りゅうじの影が薄いのは残念ですが)


バーチャルコンソールはどんどん充実しています。
ファイナルファンタジーシリーズの配信も始まっていますし、目が離せません!
…桃太郎シリーズは、配信しないのかな〜。
posted by cutter33 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ゲーム「シューティングウォッチ」



懐かしの復刻版です!
ハドソンのシューティングウォッチ!

子供の頃、友達の家にあって、羨ましかったなあ…。
今は大人なので、楽勝で買えます(笑)。

機能としては、
・10秒間に何回連射ができるか計測
・時計
・ストップウォッチ

…の3種類しかありません。
(隠しモードがあることはあるのですが)

でも、十分に楽しいし、童心に帰ることができます。
久しぶりに、腕がつりそうになりました。

それにしても、どんなに頑張っても、106回止まり…。
(もちろん「コスリ」使用)
腕が衰えていて、ショックです。

ちなみに、Amazonさんで購入すると、高橋名人(16連射!)仕様のシールがおまけで付きます。

ハドソン・シューティングウォッチ高橋名人バージョン
posted by cutter33 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

ゲーム「428〜封鎖された渋谷で〜」



チュンソフトのサウンドノベル最新作です。
「街」の続編はさすがに無理だったようで…残念。
…なのですが、同じく渋谷を舞台にした作品を発表してくれました!

渋谷で起きたテロ事件を巡る、5人(+α)の物語です。
一つの事件を複数の視点から追うことになります。

「街」のように、バラエティに富んだ物語ではありませんが、
一貫性のある分、より重厚な作りとなりました。
驚きの展開も目白押しで、とても楽しめます。

チュンソフトさん恒例の隠し要素も、今回は一段と凝っていて、
ファンには嬉しい限りです。
「街」の世界をほんの少し臭わせるエピソードも、マニアには
たまらないものでしょう。

サウンドノベルですから、操作はとても簡単で、ゲームに慣れて
いない方でも問題なく遊べます。
文章を読むことが苦痛でなければ、間違いなく楽しめると思います。
特に、海外ドラマ「24」のような、先の見えない物語が好きな方に
おすすめです。

制作者の方々に、本気で感謝したくなるゲームでした。
ありがとうございます。
久々に、寝る間も惜しんで、コントローラーに齧り付きました。

ちなみに、脚本は「デバッグ・ガール」の北島行徳先生なのですね。
今後もチェックしていきたいと思います。
posted by cutter33 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

ゲーム「PARASOLSTARS(パラソルスター)」(PCエンジン)

パラソルスター 【PCエンジン】

Wiiのバーチャルコンソールで配信された、懐かしのゲームに、名作が復活しました!

タイトーで発売された「パラソルスター」です!

いや〜、あいかわらず、いいポイントを突いてきます。
あまり知られていない作品なのですが、非常に完成度が高いのです。

アクションゲームで、タイプとしては
「ドンドコドン」や「バブルボブル」などと同じ、
画面内の敵を全て倒すと面がクリアになるルールです。
タイトーさんが、アーケードを中心に得意とするタイプですね。

タイトルのとおり、主人公はカサを使って敵と戦うのですが、
このアイディアが秀逸。
カサは防御にもなりますし、パラシュートのような空中落下を
ゆっくりにする効果もあります。
アクションが多彩で、操作が楽しいのです。

水のしずくを貯めて使える必殺技も爽快感がありますし、
パズル要素のある面の構成が、飽きさせません。

これだけ名作なのに、滅多に見かけない幻の作品になっていました。
それが、Wiiで遊べるようになったのです!
ぜひとも多くの方に遊んでいただきたい作品です。

ボス戦の音楽が「ランバダ」(!)なのも、時代を感じさせ、
懐かしい気持ちになれること間違いなしです。


バーチャルコンソールは、素晴らしいラインナップになって来ました。
あとは、くにお君の時代劇と、桃太郎シリーズが出てくれたら最高なのですが〜。
(バーチャルコンソールはWiiショッピングチャンネルから利用できます)
posted by cutter33 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

ゲーム「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」



人気テレビ番組のゲーム化です。
「有野の挑戦状」と言う名前から、「たけしの挑戦状」を
連想してしまいますが、まったく別のゲームです。

はっきり言ってしまえば、ただのミニゲーム集なのですが、
これが良く出来ています。

ファミコン時代の作品を意識して作成されており、世代が合致する人に
とっては、懐かしいこと請け合いです。

と言うかですねー、このゲーム、ぜんぜん違うのを覚悟で言えば、
現在20代後半〜30代の人にとっての、「ぼくのなつやすみ」なのだと
思うのです。

外で遊んだ記憶も懐かしいけれど、我々の子供時代と言ったら
何を置いても「TVゲーム」な訳です。

新作ゲームの発売が決まれば胸を躍らせ、
裏技を見つけては大騒ぎしました。
別に自分がプレイできなくたって、隣で友達が遊んでいる画面を見て
絶叫していれば、それで良かった…。

あの頃のわくわく感を思い出させてくれる内容に仕上がっていると
言えるのではないでしょうか。

ミニゲームの操作性はどれも良く、チューニングも程よく出来ています。
シューティング、ラリー、アクション、RPGと、様々なジャンルが
登場するので、苦手なものもあるかもしれません。
しかし、フォローが行き届いているので、クリアに大きく
行き詰まると言うことはありません。
(裏技もゲーム中で教えてくれます)

やりこみ用のモードも用意されているので、最高得点を目指して
遊ぶのも燃えます。

予想以上に楽しむことが出来ました。
感謝です。
posted by cutter33 at 18:33| Comment(1) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

Wiiのバーチャルコンソール



Wiiを買いました。

最新のゲームも面白そうなのですが、あまり遊ぶひまもないので、軽いものを選びたいところです。

そこで気になっていた、昔のゲームが遊べるという、バーチャルコンソールなるサービスを試してみました。

最近のゲーム機は、当然のように無線LANに対応しているのですね。
すごい世の中です。

Wiiはネットにつながなくても充分遊べますが、ネットならではのサービスでもっと楽しくなります。
無線LANの設備があるのに、Wiiをつないでいない人は、ぜひ挑戦してみてください。
説明書を見ながら実行すれば、ノートパソコンをつなぐのと大差ありません。
ちなみに、別売りになってしまいますが、有線LANでつなぐ方法もあるようです。

さて、そんなネットワークを繋いで実現する、楽しいサービスがバーチャルコンソールです。
これはファミコンやPCエンジンなど、昔のソフトをダウンロードして遊べるというものです。
ラインナップは徐々に増えてきていますし、品揃えも良いセンスをしています。
だいたい一本のソフトが500円から1000円くらいで買えます。

支払い方法は、クレジットカードか専用のプリペイドカードが使えます。
プリペイドカードはアマゾンさんなどで購入できます。
Wii ポイント プリペイドカード 3000

私がダウンロードしたソフトは、
・PC原人2
・高橋名人の冒険島
・マリオブラザーズ
・風来のシレン
・熱血物語
・熱血行進曲

…です。
昔遊んだソフトの記憶が次々に呼び起こされて、テンションが上がってしまいました。

なかでもPC原人2!
操作性の優れた名作アクションゲームです。
もう一度遊べるとは思っていなかったので、嬉しい限りです。
子供の頃、呆れるほど遊んだゲームで、今でもボーナスステージの場所をほとんど憶えていました(笑)。
操作も簡単なので、ぜひ遊んでいただきたいゲームです。

ちなみに、PCエンジンのコントローラは途中から連射機能が標準装備されていました。
そのため、ゲーム自体も連射機が前提のような難易度設定になっていたりします。
(PC原人2の場合、連射機がないとパーフェクトが狙いづらいボーナスステージがあるのです)
その点が少し心配だったのですが、Wiiにもちゃんと連射対応のボタンが用意されています!
これには感動しました。

本来の操作性により近い状態で楽しみたい場合、別売りのクラシックコントローラーも必須ですが、充分価値があると思います。


このサービス、長く続いて、たくさんの名作が遊べるようになって欲しいです。
スーパーファミコンのゲームも、Wiiならセーブデータが消えづらいと思うのでもう一度挑戦したいです。

Wiiを買ったのに、昔のゲームで遊んでばかりいる毎日になっています。
posted by cutter33 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

ゲーム「ポポロクロイス物語2」(PS・PSP)



ゲームのエンディングに、本気で感情移入してしまった、数少ない作品です。

私はゲームをする時、どちらかというと、ストーリーよりも
ゲーム性を重視してしまいます。

ゲームとして面白いことが大事。
ストーリーは動機付け。
それでも、このゲームのストーリーは良かったと思います。

もっとも、ポポロクロイス物語の1と2については、ゲーム性自体も快適です。
ややオーソドックスで、冒険もしていませんが、わかりやすくて操作しやすいです。

(同シリーズのポポローグやピノンが主人公の作品には、
少し操作性に難点がありますが)

世界観も独特で、村人との会話が楽しい作品であり、
気が付くとポポロワールドに引き込まれていました。

主人公たち登場人物に強く感情移入してしまいました。

考えてみれば、ゲームは他のメディアよりも、長い時間ひとつの作品と向き合うことになります。
入れ込んでしまえば、深みにはまります。


そしてエンディング。
「ポポロクロイス物語2」の後半の展開はなかなかシビアで、
感情を揺さぶられます。

そこへ来て、追い打ちをかけるようなラスト。


本気で祈りました。


ポポロクロイス物語はぜひ1・2を続けて遊んでみてください。
少しテイストが違うので、1が好きな人と2が好きな人に別れるようですが、
どちらにせよ物語を堪能できます。

PS2以降のピノンシリーズは不調だったようですが、もう続編は出ないのでしょうか?
ラベル:感動 RPG ゲーム
posted by cutter33 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

ゲーム「バハムートラグーン」(SFC)



スクウェアのシミュレーションゲームです。
ドラゴンを育てながら、戦闘をクリアしていくゲームです。

ゲームのバランスは良い意味で大味です。
レベル上げも出来るので、シミュレーションが苦手な人でも
問題なく遊べるでしょう。

「むずかしいダンジョン」という、隠しでもないのに、
ラスボスよりも手強い敵だらけのダンジョンもあるので、
やりこみ好きにも楽しめます。

ストーリーにも注目。
戦竜隊隊長の主人公ビュウとお姫様ヨヨの恋。
…昔、こういうのが好きな友人に貸したら、後半のむごい展開に
怒られました。
今思い出しても無茶な展開です。

登場人物も、壊れたキャラが多く、メッセージが楽しいです。

すごい好きな作品だったので、続編を期待しているのですが、
いまだに出ません。

あと10年くらい待てば、きっと続編が出ると思うので、
じっと我慢します。

あ、そうそう。
ライトアーマーは2人います。
ルキアさんは普通に仲間になるけれど、もうひとりが問題。
普通に進めていると、見落としがちなので、探し出してください。
posted by cutter33 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ゲーム「ぼくのなつやすみ」(PS・PSP)



…いつまでも夏休みだったらいいのに…

小学生の、ひと夏のお話です。

物語もあることはあるのですが、基本的には、夏休みですから、
好き勝手に遊んでいてOKです。

昆虫採集をするもよし、麦茶を飲むのもよし、
季節外れのたこ揚げに興じるもよし。

でもこの主人公、宿題ほとんどやっていないです。

昆虫採集と、日記だけは、驚異的な才能でこなしますが、
他はほったらかしです。

私もそうすればよかったな〜

…もう一度夏休みが来ないかな…

そして、

…いつまでも夏休みだったらいいのに…


PSPでも遊べます。
ぼくのなつやすみポータブル PSP the Best


ちなみに、PS3では、最新作が出ていますね。


これと、チュンソフトの新作サウンドノベル
「忌火起草(いまびきそう)」が気になるのですが…。



もう少し、いろいろでないと、PS3を買わないままのような気がします。

がんばれ、プレステ3!
posted by cutter33 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。