2007年07月18日

映画「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」


「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」
新世紀シリーズ3作品目です。

実際に作品をご覧になって確認していただきたいのですが、
この映画のゴジラやキングギドラの設定はかなり特殊です。

ゴジラのアイデンティティ(?)にかかわるほどです。

しかし、そんな業を背負いながらの悪役ゴジラもいい感じなのです。
迫る怪獣も、必死の人間の攻撃も、なす術がありません。

設定のぶっ飛んだ作品として見ることもできますし、
凶悪なゴジラに恐れおののきつつ見ることもできる、一品です。

余談ですが、作家の大沢在昌、京極夏彦、宮部みゆきによる企画本
「大極宮2」の雑談の中で、
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」を話題に2ページほど会話をしています。
結構面白いので、興味のある方はどうぞ。
(2ページだけですが・・・)


ラベル:ゴジラ 奇作
posted by cutter33 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

映画「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」


映画「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」
新世紀シリーズ2作目です。

首都は大阪なのです!
国会議事堂と大阪城が並んでいます!
1954年に東京を襲ったゴジラがまた襲ってくるのです!

まったく違った世界観が繰り広げられるのが
新世紀シリーズの醍醐味なのですが、
この映画のストーリーも大胆です。
(この次の作品「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」はさらにぶっ飛びますが)

そしてメガギラス。
古代トンボの昆虫怪獣です。
近年の作品では珍しい、新作怪獣です。
かなり凝った戦闘シーンの演出もあり、今までにない怪獣バトルを楽しむことができます。

どちらかというと、玄人受けしそうな作品です。
しかし、それは作品のレベルが確かだという証拠です。
ほかの作品が人気怪獣で目立つ分だけ、埋没しているのが惜しい。
そんな作品です。
ラベル:ゴジラ 奇作 SF
posted by cutter33 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」


「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」
新世紀シリーズ5作目です。

「ゴジラ×メカゴジラ」の続編です。
連作なので、こちらを先に見ることをお薦めします。

怪獣はモスラ・メカゴジラと豪華ですし、人間ドラマもしっかりと楽しめる作品です。
ひさしぶりに東京タワーも破壊されますし、小美人は長澤まさみと大塚ちひろですし、見どころ満載です。

モスラの羽がしなやか!
ラベル:ゴジラ SF
posted by cutter33 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

映画「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」


「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」
昭和シリーズ7作品目です。

ゴジラがだんだん可愛くなっていきます・・・。
5作品目の「三大怪獣 地球最大の決戦」あたりからその傾向がありますが、この作品では特に顕著です。

もう、人間に憎悪を燃やす存在ではありません。
「時々暴れる迷惑な奴だけれど、なんだか憎めない」
ヤンキーです。

そんなゴジラが愛せそうならば、この作品や今後のシリーズも楽しく見ることができると思います。
ラベル:ゴジラ
posted by cutter33 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ゴジラ×メカゴジラ」


「ゴジラ×メカゴジラ」
新世紀シリーズの4作品目です。

釈由美子のクールなヒロインが光ります。
ストーリーもわかりやすくて面白いです。

しかし、この映画の見所はなんと言ってもバトルでしょう。
新世紀シリーズは近年の作品ということで、CGによる表現が飛躍的に増えます。
中でもこの作品は、怪獣映画におけるCG演出の一つの答えにたどり着いた作品、と言ってよいのではないでしょうか。

ゴジラとメカゴジラという重量級の戦いに、スピード感まで加わって、手に汗握る戦いを盛り上げます。

個人的には戦闘シーンの面白さはゴジラ全作品中でもNo.1!
文句なしのお奨め作品です。
posted by cutter33 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「怪獣大戦争」


映画「怪獣大戦争」
昭和シリーズ6作品目です。

ストーリーは宇宙探索あり、宇宙人ありの空想科学映画として、非常に面白く、X星人と地球人とのやり取りは見ごたえがあります。
SF好きにオススメです。

ゴジラたち怪獣は少し活躍の場が少ないのは残念ですが、町を破壊していくシーンは非常に凝った演出が多いです。

登場怪獣はゴジラとラドン、キングギドラです。

ちなみに、ゴジラが「シェー」をするのはこの作品です。
ラベル:ゴジラ
posted by cutter33 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

映画「三大怪獣 地球最大の決戦」


「三大怪獣 地球最大の決戦」
昭和ゴジラシリーズ5作品目です。

キングギドラ初登場の作品です。
古い映画なので、現在の映画表現とは差がありますが、このキングギドラの登場シーンはかっこいいと思います。

しかも、キングギドラ強い!
ゴジラ、モスラ、ラドン相手に堂々の戦い振りです。
ゴジラの攻撃方法が岩投げ中心だったり、モスラが他の怪獣を説得したりと、
ツッコミどころもありますが、バトルの楽しい作品です。
ラベル:ゴジラ
posted by cutter33 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ゴジラVSデストロイア」


「ゴジラVSデストロイア」平成シリーズ最終作です。

ストーリーに繋がりのある平成シリーズの最終作なので、これ以外の6作品、84年「ゴジラ」〜「ゴジラVSスペースゴジラ」を先に見ることをお勧めします。
さらに、第一作54年「ゴジラ」とも関連が深いので、できればこちらも先に見ていただけると、より楽しめるかと思います。

つまり、合計7本の映画を、先に見ることをおすすめする事になってしまうわけです。

しかしです。この作品、それだけの事をする価値のある作品だと思っています。
なぜならば、この作品、泣けるのです。
人間ドラマで泣くのではありません。
怪獣です。ゴジラを見て泣くのです。

なにそれ?とお思いになるかもしれませんが、上記の7作品を見た後にこの作品を見ていただければ・・・。

結構な割合の方に同意していただけると信じます。
そして新たな熱狂的ゴジラファンが完成・・・という寸法です。
posted by cutter33 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

映画「ゴジラVSスペースゴジラ」


「ゴジラVSスペースゴジラ」
平成シリーズ6作品目です。

スペースゴジラ。ゴジラ細胞が宇宙で突然変異を起こした、宇宙怪獣です。
「VSメカゴジラ」で更なるパワーアップを遂げたゴジラと戦える相手は、もはやゴジラしかいない、と言う事でしょうか。

この作品のポイントは遊び心満載のメカ、「モゲラ」です。
デザインといい、搭乗員の格好といい、昭和の古きよき特撮物を意識しています。
まじめに見ていると「なんだこりゃ?」という気分になりますが、スタッフのサービスだと思えば楽しからずや、です。
そういえば、成長したベビーゴジラ(リトル)も往年のミニラにだいぶ似ています。

スペースゴジラとゴジラが日本を頑張ってたくさん破壊していますし、バトルも見ごたえあります。
これまでの平成シリーズとは少し雰囲気の違う作品ですが、楽しい作品です。
ラベル:ゴジラ
posted by cutter33 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

映画「ゴジラVSメカゴジラ」


「ゴジラVSメカゴジラ」平成シリーズ5作目です。

ゴジラシリーズのひとつの魅力として、怪獣と人との攻防があります。
本作品はそんな人が作り出した、対ゴジラ用兵器メカゴジラ!!
なのです。
これが面白くないわけが無い!!

…のですが、実はこの作品、一番のポイントは「怪獣たちの絆」だったりします。
平成シリーズのゴジラは、あくまで日本を襲う破壊者として描かれてきました。
しかし、この作品で平成ゴジラは今までに無い一面を見せます。
シリーズの転換点と言って良いでしょう。
これが、平成シリーズ最終作、「ゴジラVSデストロイア」に生きてきます。
注目です。

ちなみに、メカゴジラもメカ好きにはたまらない要素満載ですので、題名どおりの内容を期待しても、十分楽しむことができます。
ラベル:ゴジラ SF
posted by cutter33 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。