2008年05月31日

小説「ひとり日和」青山七恵 著



芥川賞作品。

20才の女性の生活を、淡々と描いています。
大きなドラマは無いものの、日々のエピソードを
きっちりと読ませてくれる力作です。

この小説は、将来への不安を抱えている若い人や、
一度、本当に投げやりになってしまったことのある人に
読んでほしいと思います。

なぜなら、この主人公にもやる気が感じられないからです。

…でも、いい加減に生きていると、不安が付きまとうのです。
その感じが見事に描かれていて、感情移入してしまいました。

もし、今もその不安を抱えている人がこの本を読んだら、
少しは気分が楽になるかもしれません。
まあ、何の答えも教えてはくれないでしょうが、それだけも違うはず。

込み入った設定なしでも小説は面白い!と思わせてくれる一冊です。
posted by cutter33 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。