2008年05月05日

ゲーム「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」



人気テレビ番組のゲーム化です。
「有野の挑戦状」と言う名前から、「たけしの挑戦状」を
連想してしまいますが、まったく別のゲームです。

はっきり言ってしまえば、ただのミニゲーム集なのですが、
これが良く出来ています。

ファミコン時代の作品を意識して作成されており、世代が合致する人に
とっては、懐かしいこと請け合いです。

と言うかですねー、このゲーム、ぜんぜん違うのを覚悟で言えば、
現在20代後半〜30代の人にとっての、「ぼくのなつやすみ」なのだと
思うのです。

外で遊んだ記憶も懐かしいけれど、我々の子供時代と言ったら
何を置いても「TVゲーム」な訳です。

新作ゲームの発売が決まれば胸を躍らせ、
裏技を見つけては大騒ぎしました。
別に自分がプレイできなくたって、隣で友達が遊んでいる画面を見て
絶叫していれば、それで良かった…。

あの頃のわくわく感を思い出させてくれる内容に仕上がっていると
言えるのではないでしょうか。

ミニゲームの操作性はどれも良く、チューニングも程よく出来ています。
シューティング、ラリー、アクション、RPGと、様々なジャンルが
登場するので、苦手なものもあるかもしれません。
しかし、フォローが行き届いているので、クリアに大きく
行き詰まると言うことはありません。
(裏技もゲーム中で教えてくれます)

やりこみ用のモードも用意されているので、最高得点を目指して
遊ぶのも燃えます。

予想以上に楽しむことが出来ました。
感謝です。


posted by cutter33 at 18:33| Comment(1) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たやすくレベルアップができます。
ゲームをもっと楽にたのしんでください。
設置と形態が便利な製品です。
下記のアドレスに接続すれば、色々な情報が得られます。
http://www.automouse1.jp
Posted by upup at 2008年05月06日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ゲームセンターCX 有野の挑戦状
Excerpt: ゲームセンターCX 有野の挑戦状 <発売日> 2007/11/15 <価格> 5,040 円 <概要> ゲームinゲーム <発売元> バンダ..
Weblog: DSゲームレビューな話
Tracked: 2008-07-27 13:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。