2008年03月05日

SF小説「MM9」山本弘 著



世にも珍しい、怪獣小説でございます。

ゴジラをはじめとする怪獣好きの私にとっては、最高に嬉しい小説ですが、
中身も非常に凝っていて、SF好きにはたまらない仕上がりとなっています。

物理法則上あり得ないはずの怪獣が、現代社会にたびたび出現し、
人間社会に被害を与えます。

怪獣はなぜ存在しうるのか?
独特の理論が展開され、その跳躍により物語はさらに新たな一面を
見せるのです。

怪獣が現れ、人間と戦うだけの単純な展開ではありません。
そのマニアックさに、惚れ惚れとしてしまいました。
SF好きにはたまらないです。

怪獣好きには、もう少し怪獣に暴れて欲しかった…とも思うのですが。
しかし、間違いなくお薦めの一冊です。

怪獣ブームが来ないものでしょうか…。


posted by cutter33 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。