2007年10月28日

映画「下妻物語」



「世にも奇妙な物語」で、「ママ新発売」というお話がありました。
世界観や映像が凝っていて、ものすごく面白かったのです。

あまりの出来に、この作品を作った人は誰なんだろうと思い、
調べてみると中島哲也という人。

CMの作成などを手がけている人で、サッポロビールの
豊川悦司と山崎努が卓球をするCMを作った人でした。

この人、すげえ!と思って、チェックしていたところ、
この人が監督の映画が発表されました。

それが後に大ヒットとなる「下妻物語」です。

そのおもしろさを、いまさら語るまでもないですが、
映像の懲り方と、ディープな世界を一般の人にも受けるように
見事に描いた手法は素晴らしいです。

深田恭子はハマり役。
ロリータファッションの世界に、これほど合う人も珍しいでしょう。
啖呵を切るシーンは、もうちょっとドスをきかせて欲しかったですが、
それ以外は文句なしです。

土屋アンナもいいヤンキーっぷりでした。
茶の味」(美人転校生)→「下妻物語」(ヤンキー)→ドコモのCM(まちゃまちゃ)
という流れを思い出すと、すこし遠くを見つめたくなりますが。


posted by cutter33 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。