2007年10月06日

音楽CD「ゴールデン・ベスト」薬師丸ひろ子



なんてね♪

とんねるずの石橋貴明が一時期好んで使っていたフレーズは、
「紳士同盟」の一節でした。

紹介している薬師丸ひろ子のベストCDは、
「セーラー服と機関銃」「探偵物語」など、主演映画のテーマ曲や、
「時代」「元気を出して」など有名曲のカバーが楽しめます。

薬師丸ひろ子の歌声は、高くて透明感があり、
他の歌手にはない魅力があります。

中でも、「A LOVER’S CONCERTO」(クラシックのメヌエットですね) は、
彼女の歌声の魅力を存分に発揮した一曲といえるでしょう。

「ALWAYS 三丁目の夕日」のお母さん役や、
「木更津キャッツアイ」の蛙を下駄箱に入れる先生役しか知らない方に
ぜひ聞いて欲しいCDです。


余談ですが、薬師丸ひろ子の歌声で、「オーシャンゼリゼ」を
歌ったら、ものすごく合うと思うのですが…。

ここ数年、どう画策したら、歌ってもらうことが出来るか
考えています(笑)。
なにか、そういう企画がないものでしょうか?


posted by cutter33 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。