2007年09月07日

映画「生きる」



「死ね!」→「生きる!」
…FUJIWARAのギャグですね。

世界のクロサワ映画の紹介に、なんて始め方だ。

というわけで、「生きる」。
黒澤明監督の日本映画です。

主人公はゴジラの命名者・山根博士を演じた、志村喬です。
背中で、哀愁を語る、名演技。

死に直面したとき、自分に何ができるのか。生きることとは。

その問いに、この映画を見た人が、それぞれの答えを
考えることになるでしょう。


そして物語を彩る、一曲の歌。

♪いの〜ち、みじかし〜

見当違いとは知りつつ、この曲でつながる、
藤原伊織の一冊を紹介させてください。



あ、フジワラで、きれいにつながった。


posted by cutter33 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。