2007年08月23日

映画「ダイ・ハード」


「ダイ・ハード」洋画です。

言わずと知れた、有名作ですが、アクション映画の中で
一番好きなので紹介しておきます。

切れ者で、行動力もバリバリの主人公。
しかし、対する敵も、頭脳明晰で緻密な作戦を組んでいます。

敵は主人公による、奇抜な反撃にも、冷静的確に判断し、
主人公を追い詰めようとします。

手に汗握る頭脳ゲーム。
「24」や「デスノート」など、頭脳戦のやり取りを描いた、優れた
作品が登場していますが、この作品はその先駆けと言えるのかも
しれません。

これだけ切れ者なのに、どこかユーモラスな ブルース・ウィリスが
最高です。
密度の濃い極上の2時間。
もし観ていない方はぜひ。

たぶん、そのうちまたTVでもやりますし(笑)。


posted by cutter33 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。