2007年08月07日

小説「ドミノ」 恩田陸 著


「ドミノ」日本の現代小説です。

恩田陸作品の中でもかなりの異色作。
まだまだいくらでも紹介する本があるというのに、
これを紹介するのはいかがなものか。
恩田ファンに怒られはしないか少し不安です。

作品は、題名のごとく、ドミノのように、
次から次へと主人公がバトンタッチされていく、
ジェットコースターのようなコメディーです。

そう、コメディーなのです。
「空中ブランコ」の奥田英朗を除くと、一般の小説でコメディーは少ないです。
やはり、小説のスタイルで、テンポ良く読者を笑わせ続ける
というのは、難しいことなのでしょう。

しかし、この作品、怒涛のごとくストーリーを展開させつつ、
極上のお笑い小説として成功しています。

たくさん笑いたい小説を探している方にオススメです。


posted by cutter33 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。