2007年08月06日

映画「復活の日」


「復活の日」邦画です。
1980年の作品。小松左京原作。

ウイルスモノにして、人類破滅モノ。
日本の映画とは思えないスケールで、容赦のない展開が待っています。
こじんまりとせず、小さくまとめていないのが、最高です。

人間の勇気と知恵で、どんな困難も乗り越えてしまう、
ハリウッドの映画も楽しく、心地よく楽しむことができます。

しかし、たまには、個人の力ではどうにもならないこと、
どうにもならない中で、どう生きるのか、ということを
考えさせてくれる映画を観るのも良いのではないでしょうか。

大作ですよ〜。
ラベル:オススメ映画 SF
posted by cutter33 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(3) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

復活の日@我流映画評論
Excerpt: 小松左京の同名SF小説を原作に、深作監督が映画化した作品、『復活の日』を紹介します。 まずはストーリーを・・・ 研究所から盗まれた猛毒ウイルスが世界中に拡散し、生存者は南極に残..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
Tracked: 2007-08-31 00:24

『復活の日』の感想
Excerpt:  個人的に今期一番のお楽しみ、金曜深夜のアニメ時間帯だというのに、それを後回しに
Weblog: 何て不敵にオタLIFE
Tracked: 2007-09-01 19:36

復活の日
Excerpt: このところまたランキングが落ちてきてます。 書きたいことを書くのが目的なので 順位なんて気にならないはずなのですが 何だか残念。 でもめげずに、新しいモノにこだわらず いい作品を紹介していき..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-09-11 03:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。