2007年06月30日

映画「ゴジラVSキングギドラ」


「ゴジラVSキングギドラ」。
ビオランテの続編、平成シリーズ3作目に当たります。

この作品はSF要素が特に高い作品で、タイムスリップが目玉となるストーリーです。

過去へ未来へと移動があり、ゴジラへと変貌を遂げる前の恐竜(ゴジラザウルス)の姿も見ることができます。

途中で過去が変わってしまうところもあり…あれ?ビオランテは?次回作以降の繋がりは?
といった問題も無いわけではありませんが、純粋に展開を楽しむほうがいいと思います。

そして、対戦相手はキングギドラ!
ゴジラ最大のライバルです。
造形の美しさと強さを兼ね備えた人気の怪獣ですが、なんだか毎回誰かに利用されている感があります。
キングギドラに視点をあわせてみるとかなり可愛そう。

それでも、やっぱり2大怪獣の激突は見ごたえ十分です。
クライマックスの新宿新都心でのバトルは必見!

あと注目は、その昔、ゴジラザウルスに命を救われた新堂会長とゴジラの邂逅(?)のシーン。
新堂会長もかっこいいのですが、このときのゴジラ、まぶたが動くのです。
情と憎悪。
キングギドラがいいように扱われるのと同様に、ゴジラもまた人間によって翻弄されて続けている存在です。

ゴジラの胸にあったのはどんな感情だったのでしょうか。


posted by cutter33 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。