2008年12月14日

ゲーム「428〜封鎖された渋谷で〜」



チュンソフトのサウンドノベル最新作です。
「街」の続編はさすがに無理だったようで…残念。
…なのですが、同じく渋谷を舞台にした作品を発表してくれました!

渋谷で起きたテロ事件を巡る、5人(+α)の物語です。
一つの事件を複数の視点から追うことになります。

「街」のように、バラエティに富んだ物語ではありませんが、
一貫性のある分、より重厚な作りとなりました。
驚きの展開も目白押しで、とても楽しめます。

チュンソフトさん恒例の隠し要素も、今回は一段と凝っていて、
ファンには嬉しい限りです。
「街」の世界をほんの少し臭わせるエピソードも、マニアには
たまらないものでしょう。

サウンドノベルですから、操作はとても簡単で、ゲームに慣れて
いない方でも問題なく遊べます。
文章を読むことが苦痛でなければ、間違いなく楽しめると思います。
特に、海外ドラマ「24」のような、先の見えない物語が好きな方に
おすすめです。

制作者の方々に、本気で感謝したくなるゲームでした。
ありがとうございます。
久々に、寝る間も惜しんで、コントローラーに齧り付きました。

ちなみに、脚本は「デバッグ・ガール」の北島行徳先生なのですね。
今後もチェックしていきたいと思います。


posted by cutter33 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。